強化推進事業
プラスチック成形機用洗浄剤
(パージ剤)事業

プラスチック成形機用洗浄剤
(パージ剤)事業

画期的なパージ剤で
製品品質と作業効率の向上を実現
プラスチック成形分野を支援する、
コシダテックの新事業

より高い品質のプラスチック製品をより効率よく–––プラスチック成形の最前線で挑戦を続ける皆さまを、コシダテックは画期的なパージ剤で強力に支援します。「ecomaru(エコマル)」は、グラスウール(GW:ガラス短繊維)を配合した世界初※のプラスチック成形機用パージ剤です。
従来のパージ剤では得られない圧倒的な洗浄力によって、成形製品の不良率の大幅削減、成形作業の生産性向上を実現します。
※:関連特許登録済 日本9件 外国12カ国22件 EU3件 PCT国際出願2件

【世界初※】
グラスウールを配合した
高洗浄力パージ剤「ecomaru」 ※:プラスチック成形機用洗浄剤において。
2019年3月現在 ナノダックス社調べ

「ecomaru」に配合されているのは、繊維長が短く繊維径も細いグラスウール。微細で大きな比表面積をもつ無数のガラス繊維が、不要物を物理的にそぎ落すことで、従来のパージ剤を凌駕する圧倒的な洗浄力を実現しています。

従来のパージ剤

ガラスファイバー
繊維長 0.8㎜程度(長い)
繊維径 11㎛程度(太い)

少数のガラス長繊維による洗浄

ecomaru

グラスウール
繊維長 0.06㎜程度(短い)
繊維径 4~6㎛程度(細い)

無数のガラス短繊維による洗浄

ecomaruのメリット

不良率の大幅低減

成形作業で問題になるのは、黒点異物の混入。ecomaruは成形機内部の細かなところに付着し焦げ付いた樹脂など、黒点不良の原因となる異物や炭化を徹底的に除去し、不良品の発生を未然に防ぎます。

■不良率低減事例

黒点不良率 2.3%→0.9%に低減
  • ・使用グレード:ecomaru GWS
  • ・成型機 : 850ton
  • ・成型材料 : 東レMABS900 352-A
  • ・成型製品 : ファンブレード
生産効率の大幅向上

射出成形や押出成形の際、成形機のスクリューや加熱筒に残った樹脂や異物も、ecomaruなら通常の洗浄作業できれいに取り除けます。分解洗浄の手間を省くことで、成形作業の効率が大幅にアップします。また、洗浄力が高いので、色替えが早く、色残り不良も削減できます。

■色替え時洗浄時間の削減

トータルコストの削減
パージ作業の時間短縮と不良率の低減という、プラスチック成形現場が長年抱えてきた課題を解決するecomaru。それにより実現するのはトータルコストの削減です。生産性向上、改善によるコスト削減に加え、不良率の低減に伴う廃棄コストの削減、洗浄能力の飛躍的な向上によるパージ剤使用コストの削減といった恩恵を享受できます。

グレード一覧

成形機容量
(型締力)
使用量
目安(kg)
80トン 0.2〜0.4
125トン 0.4〜0.6
550トン 1.5〜2.5
800トン 4.0〜6.0
1250トン 6.0〜8.0
3000トン 15〜20
お問い合わせ

ecomaruは、ナノダックス株式会社(nanodax)が製造し、株式会社コシダテックが販売しています。

プラスチック成形機用洗浄剤サイトはこちら >